格安通販モモダ家具
福祉施設やデイサービスにケア、介護ダイニングチェア
畳ベッド 収納ベッド
ガーデンセット、ガーデンパラソル、ガーデンテーブルセット、ガーデンチェア特集
特価 卸価格 見積もり請求
モモダ家具感謝デー

家具通販トップ > トリップトラップ > 調整の仕方

トリップトラップ調整の仕方

トリップトラップ調整 ※トリップトラップは体に合わせて3.5cm間隔で14段階(座面の高さは5段階)に調節することが可能です。


■座面の高さと奥行の調整

1)座面の高さ(a)は、座ったときにお子様のひじ(b)がテーブルの高さと同じになるようにします。


■奥行の調整

2)座板(d)は、背もたれに軽くよりかかった状態で大腿部の3/4がのるように奥行を設定します。そうすると座板の前面とふくらはぎの間がゆったりします。足のせ板(c)は自然に座った状態で、足のつく高さで、椅子のフレームの前面(e)より必ず前に出ないようセットします。


3)平らなところにおいて椅子の安定を確認しながらボルトをしっかりと締めてください。


※判りやすい図解入りの組立書が同封されています。

※ボルトの締め具合を少なくとも半年に一度はご確認ください。


※床の上に置いたときがたが出る場合には、ねじが締まっている状態でそのままがたがなくなる方向に左右のフレームを捻って癖をつけてください。

座るとそのがたが吸収される程度であれば、馴染んできますので、いずれがたがなくなっていきます。


※鉄パイプ部分に数ミリのスキマができますがこれで正常です。(左右のフレームで挟んで座板、足載せ板を固定するため鉄パイプは数ミリ短くされています)

トリップトラップ 鉄パイプの隙間

トリップトラップを大人の方に

足のせ板を座板として使用します。その際子供用座板(小板)は一番下の溝に収納してください。また座板(大板)は上部の鉄パイプより上側の位置で設定してください。

(5段目:座高約42cm)

トリップトラップは大人にも使えます。

トリップトラップのページへ戻る

webmaster@momoda.co.jp

フォームからうまく送信できないときなどこちらへご連絡ください。

Copyright(C) バランスチェア、パソコンデスク、ダイニングテーブル、チェア、ベッド通販のモモダ家具